ネイル塗り

7月 22nd, 2013

ネイルは最初は誰でも難しい物です。 最初のうちは自分の思ったとおりに塗れないことは多くあります。 誰でも通る関門のような物でもあります。 まずコツさえ掴めば上手に塗れます。 セルフネイルが上手になるのは経験と練習です。 プロのネイリストはかなりの練習量と積んでいます。 プロのようになるのは難しいですが、 回数を重ねるごとに上手くなります。 最初はマニキュア、除光液、綿棒、キッチンペーパーを用意します。 マニキュアはカラーだけでなくベースコートとトップコートも用意して置くと良いです。 サロンで行うネイルは持ちとツヤがいいのに、自分では上手くいかないと感じますが、 それは仕方がないことです。 セルフネイルでもコツさえ掴めば、 ぐっと上手く仕上がります。 最初に爪を整えておくことです。 爪は綺麗にしておきます。 爪の油分水分は取り除きます。 ベースとトップは必ず塗ります。 マニキュアの塗る量に注意します。刷毛に付けすぎてはいけません。 刷毛を押し付けずに手早く塗ります。 爪の先端や根元もしっかり塗ります。 爪の油分水分を取り除くのは、爪の上からマニキュアを塗る際にはじく原因になるからです。 手で触れるだけでも爪表面には皮脂や汚れが付着します。 汚れがついたままマニキュアを塗ると、その部分から剥げてきます。 爪の手入れをした直後がマニキュアを塗るのが一番です。