リムーバーの使用頻度

6月 6th, 2014

爪の美しさというのは、手指の美しさをさらにアップさせる重要なポイントです。 ですから、マニキュアを使う時も、きちんとした手順できれいな仕上がりと保持を目指したいものです。 たいていは、まずベースコートをして、次にカラーを1~2回して、それからトップコートをする人が多いです。 ベースコートでマニキュアをきれいに塗りやすい状態にして、トップコートできれいに塗られたままの状態を保てるようにするのです。 しかし、時にはネイルリムーバーを使用しなくてはいけない時もあります。 とはいっても、ネイルリムーバーは、ベースコートにカラーにトップコートまでした状態をきれいに取り払う薬液になりますから、逆の視点から見ると、爪に負担をかけやすいものでもあるのです。 ですから、これの使用頻度については、充分に配慮する必要があります。それによって、爪への負担が軽くなり、またマニキュアをつけて爪の美しさを追求することができるからです。 ネイルリムーバーが爪に負担をかけやすい理由は、配合されている成分にアセトンというものがあるからです。 このアセトンは油分を除去する効果がありますので、爪にもある程度必要な油分が、必要以上に除かれて爪が荒れてしまう原因になるのです。 それを防ぐためには、ネイルリムーバーの使用頻度を一週間に一度くらいに抑えることが大切です。一週間に一度ほどの使用頻度ならば、爪への負担はずいぶんと軽くなります。

Leave a Reply