ベースコート

5月 30th, 2013

ベースコートは、爪の凹凸を滑らかにしてネイルカラーの長持ちさせ、爪への沈着を防ぐのが役目です。 自分の爪を保護するため塗らなくてはいけません。 また表面を保護するだけでなく、爪に栄養を与えたりする成分が入っているものもあるので、ネイルカラーを塗らなくてもベースコートだけ塗っておくのもいいかもしれません。 そんなベースコートの塗り方は、塗る前にまずは爪の表面の余分な脂や汚れをふき取ることから始めます。 ふき取っておかないと、ベースから剥がれやすくなってしまいます。 また、爪の裏側の汚れも取りましょう。 そしていよいよベースコートを塗ります。 まず爪の先端の厚みと裏側の部分に塗ります。 ここをネイルは先端から剥がれるので塗っておくと長持ちするようになります。 そして爪の真ん中を塗ります。 軽く押しつけるように、爪先まで塗り、最後にサイドを塗っていきます。 ムラにならないように気をつけながら、端までしっかりと塗りましょう。 あまり厚塗りをせずに、手際よく薄めに塗るのがポイントです。 厚塗りしてしまうと、乾きにくく、ムラができたりカラーと混ざってしまいます。 やはり爪の保護には、ベースコートが基本なので、爪で悩んでいる方は使ってみることをおすすめします。

Leave a Reply